阿形仁王像(毘沙門堂、広島市)

阿形仁王像(毘沙門堂、広島市安佐南区)

毘沙門堂、山門はこちら
毘沙門堂、山門

毘沙門堂、山門の守護神「阿形(あぎょう)仁王像」です。
入口から向かって右側に配置されている仁王様です。口を開き、物事の始まりを意味しているとか。
左側の仁王様は吽形(うんぎょう)仁王像といって、こちらは口を閉じています。
物事の終わりを意味しているらしい。
この2体はセットで、阿吽の呼吸という語源は、この2体の名前から来ているそうですよ。

まぁ、そんなことより、この仁王様ですよ。
仁王様に深い造詣があるわけではありませんので、アレなんですが、びっくらこいた。
近年塗り直しされたのか、きつい色とテカリです。
腐食を避ける意味で、しっかり処理を施した結果なのか?
たんなる趣味なのか?

びーちくに花が咲いてます。
金色の鉄アレイを持ってます。いや、鉄アレイではないのかも?
あぁ、そんな小さなことはどうでもいい。
とにかく、違う意味でコワすぎです。

色は。。。つけなくて、よくね?

広告

インスタグラムの最新記事8件